PARTNERS&SUPPORT WMON FUTBOL

PARTNERS

Jリーグ レノファ山口FC所属 三幸秀稔

JFAアカデミー福島1期生。
2012年3月13日、Jリーグ・ヴァンフォーレ甲府に加入。
2012年は新人ながら5試合に出場。デビュー戦のJ2第20節・カターレ富山戦ではDF津田琢磨のゴールをアシストした。
2013年天皇杯3回戦湘南ベルマーレ戦で決勝ゴール。
2014年よりJ3に加盟したSC相模原へ完全移籍。
2016年2月レノファ山口FC加入。2018年シーズン、キャプテンに就任。開幕から累積警告出場停止以外の全試合フル出場を達成。視野が広く、長短緩急織り交ぜたキック精度、パスセンスは「和製ピルロ」とも評される。アンカーの位置では落ち着いた守備力にも定評がある。人当たりがよく、ファンサービスもフレンドリーでレノファ山口の象徴とも言えるプレイヤーである。

J2 レノファ山口所属 三幸秀稔選手

Jリーグ レノファ山口所属 前貴之

コンサドーレ札幌の下部組織出身。
2011年 コンサドーレ札幌(2種登録)
2012年 - 2017年 コンサドーレ札幌
2014年 - 2015年 Jリーグ・アンダー22選抜
2014年8月 - 同年12月 カターレ富山(期限付き移籍)
2017年 レノファ山口FC (期限付き移籍)
2018年 - レノファ山口FC (完全移籍)

コンサドーレ札幌U-18時代はサイドバック、ボランチ、攻撃的ミッドフィルダーと様々なポジションに対応し、セットプレーのキッカーも務めていた。プレミアリーグイーストでチームの初優勝に貢献した。
2011年は2種登録され背番号31を与えられた。9月24日J2第29節徳島戦で後半42分に上原慎也に代わり途中出場しリーグ戦初出場を果たした。その後の10月8日天皇杯2回戦水戸戦には先発出場。11月13日に2012年以降のトップチームへの昇格が発表された。
2012年は監督の石崎信弘の信頼を得て、公式戦21試合に出場。
2013年、前年の活躍を評価されプロ2年目ながら背番号6を与えられた。
2014年8月、カターレ富山へ期限付き移籍。当時J1の新潟や仙台も興味を示していたが、出場機会を重視して富山を選んだと報じられた。
2017年は、レノファ山口FCへ期限付き移籍。キャリアハイとなる24試合出場を果たし、同年12月15日に山口への完全移籍が発表された。
左右両足のキック精度と豊富な運動量で攻守を牽引する新未来型サイドDF。
サイドバックを本職としながらもボランチなどあらゆるポジションをこなせるユーティリティープレイヤー。
積極的なオーバーラップから精度の高いクロスボールを上げ、チャンスとみれば強烈なロングショートも放つ。
今ではレノファ山口の攻撃オプションとして重要な役割を担っている。
一見クールだが内に秘めたハートは熱い。
こだわりの長髪ヘアーはまだまだ切る予定は無し。
念願のレノファ山口J1昇格へ向けて、彼の活躍に期待が掛かる。

J レノファ山口所属 前貴之選手

Jリーグ FC町田ゼルビア所属 奥山 政幸

名古屋グランパスの下部組織出身。高校卒業後は早稲田大学に進学。
ア式蹴球部に入部後徐々に頭角を現し、2013年には全日本大学選抜の一員に選ばれる。
大学ではCB・SBのポジションだったが、大学選抜では高校3年の1年間のみ経験のあったボランチのポジションを任され、守備に奮闘した。
2015年には韓国光州で行われたの日本代表(全日本大学選抜)に選出、銅メダル獲得メンバーの一人となる。
また、大学でも1部での19年振りの優勝に貢献した。、レノファ山口FCに入団しプロとしてキャリアをスタート。翌年2017年、実力を評価していたFC町田ゼルビアからのオファーを受け完全移籍。
2018年、不動のサイドバックとしてスタメンに定着。献身的で安定感抜群の守備で町田の快進撃に大きく貢献した。

Jリーグ・FC町田ゼルビア所属 奥山政幸選手

Jリーグ 川崎フロンターレ所属 藤嶋 栄介

大津高時代の2008年、U-16日本代表に選出されAFC U-16選手権2008に出場。
高校卒業後は福岡大学へ進学してサッカー部に所属し、2年時からレギュラーに定着。
大学在学中の2012年8月2日、サガン鳥栖に特別指定選手として登録された。
ベンチ入りできる控えGKがいない非常事態となった鳥栖が、同年2月の沖縄キャンプに参加していた藤嶋に白羽の矢を立てた。
赤星拓の復帰に伴い、8月16日に登録解除された。

2013年3月14日、再び鳥栖に特別指定選手登録。
大学では4年生からサッカー部の主将に就任した。
同年7月、ロシア・カザンで行われた第27回夏季ユニバーシアードにユニバーシアード日本代表として出場し、銅メダルを獲得。
8月10日の横浜F・マリノス戦では、他のゴールキーパー全員が負傷したことにより急遽Jリーグデビューを果たした。

2014年より、サガン鳥栖へ正式に入団した が、正式入団後は前年途中に加入した林彰洋らの後塵を拝し出場機会に恵まれず、2016年にジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍。
さらに翌2017年は松本山雅FCに期限付き移籍したが、両チームでも控えGKの立場でリーグ戦の出場機会は得られず(2017年に天皇杯で1試合出場したのみ)、年が明けた2018年1月14日に松本への期限付き移籍満了と鳥栖との契約満了が発表された。

契約満了後は地元熊本に戻り、ロアッソ熊本の練習施設でトレーニングを続け、熊本でキャンプを行っていたレノファ山口FCの練習に参加、2018年2月2日に山口への加入が発表された。
山口では村上昌謙・山田元気・吉満大介との正守護神争いを制し、プロ6年目にして初めて開幕からスタメンに名を連ねた。
シーズン後半は出番を失ったものの、キャリアハイとなる25試合出場を果たした。

同シーズンオフ、山口との契約を更新した上で、川崎フロンターレへ期限付き移籍することが発表された。

Official Blog https://ameblo.jp/eisuke-fujishima/

Official Instagram https://www.instagram.com/e.fujishima_official/

Official Twitter https://twitter.com/eiskeeeee0131/

Jリーグ 川崎フロンターレ所属 藤嶋 栄介

Jリーグ ザスパクサツ群馬所属 姫野 宥弥

大分トリニータサッカースクールに入学し、その後大分U-12に入団。中学生時はHOYO AC ELAN大分(現:ヴェルスパ大分)U-15に在籍したが、高校進学時に大分U-18に入団した。1年次よりスタメンとして起用され、2013年のプリンスリーグ九州1部優勝に貢献。
そして2014年には、プリンスリーグ九州1部を連覇し臨んだプレミアリーグ参入戦で大谷室蘭高、米子北高を下し、自身の一番の目標としていたチーム初となるプレミアリーグ昇格に貢献した。
2014年、当時の大分U-18監督であった山崎哲也からは「運動量が多く、チームに欠かせない存在」と評された。

2015年、坂井大将、佐藤昂洋とともにトップチームへ昇格。
同年3月には同期の佐藤とともにJFL・ヴェルスパ大分へ育成型期限付き移籍 しリーグ戦9試合に出場。
6月に移籍期間満了により大分に復帰。
第41節・大宮アルディージャ戦にて、後半33分から交代出場によりリーグ戦初出場を果たした。

2016年は前年の大分のJ3リーグ降格に伴い、同リーグでプレー。前半戦はベンチメンバーが主であったが、第16節・FC琉球戦で当シーズン2度目の先発出場を果たすと、以後1試合を除いた全試合に先発出場。大分の1年でのJ3優勝、J2復帰に貢献した。

2017年は再びJ2でプレー。
同年は鈴木義宜、竹内彬、三平和司と共に副キャプテンを務めた。

開幕戦を含め2試合連続で先発出場したが、その後はベンチメンバーが殆どであった。
同年の天皇杯2回戦・FC町田ゼルビア戦にて公式戦初得点を記録。

2019年、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍。

Official Instagram https://www.instagram.com/h.ylovesoccer/

Official Twitter https://twitter.com/SocceqpH?lang=ja

Jリーグ ザスパクサツ群馬所属 姫野 宥弥

エストニア メスタリリーガ
JKタリナ・カレフ所属 和久井秀俊

高校卒業後、単身ブラジルに渡り、過酷な環境の中でプロ選手の夢を掴む。日本帰国後はアルビレックス新潟にてプレーを経験し、再び海外に渡る。

 ファクトール(スロベニア)では、2部優勝の立役者となり1部に昇格、次年度には降格プレーオフに回るも自身のゴールで残留を決める。その後、オーストリア・­チェコ・ベラルーシを渡り歩き、現在はエストニアプレミアリーグにてプレーをしている。2011年シーズンは、所属するJKノーメ・カリュをリーグ準優勝に導いた。自身も­シーズンにおけるベストイレブン、ベストMFを獲得した。2011年、2012年とUEFAヨーロッパリーグに出場し、ゴールも決める。2012年には、クラブ初のリーグ優勝を決め、UEFAチャンピオンズリーグの切符を手にした。2018年、エストニア メスタリリーガ JK Tallinna Kalev (JKタリナ・カレフ)所属。

​ 様々な国で日本人初プレーヤーとしてプレーし、現役日本人サッカー選手の中で史上最長の海外キャリアを持つサッカー選手となっている。そのキャリアを活かして、クラブとの契約交渉も自ら行っている。

​ また毎年、日本を含めた世界でチャリティや社会貢献活動に積極的に取り組み、 現在は地元栃木県の観光大使「とちぎ未来大使」、鹿沼市の観光大使「鹿沼ふるさと大使」を務める。

エストニア・マイスターリーグ・ノーメ・カリュFC所属 和久井秀俊選手

小尾晃一郎

「医療界から初のマラソンで世界を目指している
スマイルランナー、”おびちゃん”こと、小尾晃一郎選手。

2016年シドニーマラソンでは20代部門3位銅メダルを獲得するなど、様々な大会で好成績を収め、これから更に活躍が期待される有望株。

一医療人として、マラソン選手として
夢に向かって精一杯の努力を惜しまない小尾選手を、
WMONはこれからガッチリサポート致します。
皆様、応援よろしくお願い致します!!」

Official Instagram https://www.instagram.com/obichansmile/

小尾晃一郎

マッキー TALENT

マッキーこと牧 貴宏さん
2級自動車整備士&自動車検査員として10年間勤務、28歳で趣味のBMXのMCをスタート。
その後レッスンに通いつつ、地域の祭りやクラブイベントの司会やナレーションで腕を磨く。
現在はTVやラジオはもちろん、サーキットのレース実況、
BMXやウェイクボードのスポーツ大会MC、各種イベントや婚礼司会とマルチに活動中。
気さくで多趣味な、近所のお兄ちゃんキャラとして親しまれる。

OFFICIAL HOMEPAGE http://mcmakky.com

タレント マッキー

もりりん MODEL

2014ミスユニバースジャパン熊本ファイナリスト。
Yume townのナビゲーターやBijo de futebol モデル等で活躍。

~もりりんさんからのメッセージ~

皆様こんにちは!wmonさんのユニフォームって本当にオシャレですよね~高性能だし、私もスポーツをする時に大変お世話になっています!

wmonを通じ沢山の方のスポーツライフが豊かになりますようにいつも応援しています。また、撮影したいです!

イベント出演などブッキングやオファーはWMONまでお問い合わせください。

モデル もりりん

恒蔵 MODEL

アジア立命館太平洋大学在学中に、ANTAKEの依頼を受け時間の合間限定でモデル活動をスタート。
笑顔が爽やか過ぎる超~好青年です!!

~恒蔵くんからのメッセージ~

皆様こんにちは!"WMON"さんのユニホームは、お洒落で、肌触りも凄く気持ち良いので、スポーツをする時だけでなく、私服としても活躍してくれる優れものです!

"WMON"ウェアを愛用する人が増えたら僕も嬉しいです!これからも"WMON"のファンです!

モデル 恒蔵

NEODEAD

渋谷FURAにおいてTOKYO RAVEを主宰し、日本国内におけるUplifting Trance及びPsychedelic Trance、そしてAcid Technoの普及に貢献。現在はNEODEAD名義でGalatea、HARDER?!、TOKYO UPLIFTINGなどのイベントでレジデントDJを務める。

こうしたイベントプロデュース業のほか、音楽ライターとしての執筆活動やギタリストとしての楽曲制作など多忙を極める日々。

Galatea Production代表。

OFFICIAL FACEBOOK https://www.facebook.com/djneodead/

ブッキング・出演依頼はNEODEADのFACEBOOKページまで直接お問い合わせください。

NEODEAD DJ

SUPPORT

滋賀県フットサルリーグ1部 LadcaoShiga所属 猪田 暢仁