PARTNERS&SUPPORT WMON FUTBOL

PARTNERS

Jリーグ 湘南ベルマーレ所属 三幸秀稔

JFAアカデミー福島1期生。
2012年3月13日、Jリーグ・ヴァンフォーレ甲府に加入。
2012年は新人ながら5試合に出場。デビュー戦のJ2第20節・カターレ富山戦ではDF津田琢磨のゴールをアシストした。
2013年天皇杯3回戦湘南ベルマーレ戦で決勝ゴール。
2014年よりJ3に加盟したSC相模原へ完全移籍。
2016年2月レノファ山口FC加入。2018年シーズン、キャプテンに就任。開幕から累積警告出場停止以外の全試合フル出場を達成。視野が広く、長短緩急織り交ぜたキック精度、パスセンスは「和製ピルロ」とも評される。アンカーの位置では落ち着いた守備力にも定評がある。人当たりがよく、ファンサービスもフレンドリー。
2020年よりJリーグ湘南ベルマーレへの完全移籍が発表された。

Official Instagram https://www.instagram.com/hidetoshi.m

Official Twitter https://twitter.com/hidetoshimiyuki

Jリーグ 湘南ベルマーレ所属 三幸秀稔選手

Jリーグ 横浜Fマリノス所属 前貴之

コンサドーレ札幌の下部組織出身。
2011年 コンサドーレ札幌(2種登録)
2012年 - 2017年 コンサドーレ札幌
2014年 - 2015年 Jリーグ・アンダー22選抜
2014年8月 - 同年12月 カターレ富山(期限付き移籍)
2017年 レノファ山口FC (期限付き移籍)
2018年 - レノファ山口FC (完全移籍)
2020年-横浜Fマリノス(完全移籍)

コンサドーレ札幌U-18時代はサイドバック、ボランチ、攻撃的ミッドフィルダーと様々なポジションに対応し、セットプレーのキッカーも務めていた。プレミアリーグイーストでチームの初優勝に貢献した。
2011年は2種登録され背番号31を与えられた。9月24日J2第29節徳島戦で後半42分に上原慎也に代わり途中出場しリーグ戦初出場を果たした。その後の10月8日天皇杯2回戦水戸戦には先発出場。11月13日に2012年以降のトップチームへの昇格が発表された。
2012年は監督の石崎信弘の信頼を得て、公式戦21試合に出場。
2013年、前年の活躍を評価されプロ2年目ながら背番号6を与えられた。
2014年8月、カターレ富山へ期限付き移籍。当時J1の新潟や仙台も興味を示していたが、出場機会を重視して富山を選んだと報じられた。
2017年は、レノファ山口FCへ期限付き移籍。キャリアハイとなる24試合出場を果たし、同年12月15日に山口への完全移籍が発表された。
左右両足のキック精度と豊富な運動量で攻守を牽引する新未来型サイドDF。
サイドバックを本職としながらもボランチやセンターバックなどあらゆるポジションをこなせるユーティリティープレイヤー。
積極的なオーバーラップから精度の高いクロスボールを上げ、チャンスとみれば強烈なロングショートも放つ。
2020年のシーズンからは2019年度のJリーグチャンピオンチーム、横浜Fマリノスに完全移籍し、さらなる飛躍に期待が掛かる。

J レノファ山口所属 前貴之選手

Jリーグ ガンバ大阪所属 高木大輔

神奈川県出身のサッカー選手。ガンバ大阪所属。
父は元プロ野球選手の高木豊。高木三兄弟の三男である。
長兄・高木俊幸はセレッソ大阪所属、次兄・高木善朗はアルビレックス新潟所属。
あざみ野F.C.でサッカーをはじめ、東京ヴェルディ1969ジュニアに入団。
小学6年時には第31回全日本少年サッカー大会にキャプテンとして出場し優勝に貢献。この年度の東京ヴェルディジュニアは、全日本少年サッカー大会(11人制)・ダノンネーションズカップ(9人制)・チビリンピック(8人制)・バーモントカップ(フットサル)のジュニア4大全国大会で全て優勝している(2014年現在この記録は他にどこも成し得ていない)。
ジュニアユースに昇格し、中学3年時には天皇杯でトップチームの試合にベンチ入りした。
14歳326日でのベンチ入りはJリーグ発足後の史上最年少記録である。また3兄弟がベンチ入りするのも史上初。2011年10月にはU-17日本代表として2011 FIFA U-17ワールドカップに出場し、ベスト8となった。
2011年にユースに昇格し、同年3月4日と2012年3月30日にユース所属のまま2種登録された。
2013年3月3日、J2第1節のアビスパ福岡戦で2種登録選手としてリーグ戦デビュー、4月5日にはトップチームに昇格してプロ契約を結んだ。
2018年よりレノファ山口FCに期限付き移籍で加入。
キャリアハイとなる38試合出場・8ゴールを挙げ、シーズン終了後の翌年からの完全移籍加入。
2019年夏、ガンバ大阪への移籍を発表。念願のJ1のステージでの移籍が決まった。

所属クラブ
あざみ野F.C.
東京ヴェルディジュニア
2008年 - 2010年 東京ヴェルディジュニアユース
2011年 - 2013年 東京ヴェルディユース
2011年 - 2013年 東京ヴェルディ (2種登録選手)

プロ経歴
2013年 - 2018年 東京ヴェルディ
2014年8月 - 2015年 Jリーグ・アンダー22選抜
2018年 -2019年 レノファ山口FC
2019年- ガンバ大阪

強靭な肉体と豊富な運動量で気迫溢れる献身的なプレーが信条のサイドアタッカー。
明るいキャラクターでファン・サポーターも多い。

Official Instagram https://www.instagram.com/daisuke_takagi18

Official Twitter https://twitter.com/Daisuke_V18

J レノファ山口所属 高木大輔選手

Jリーグ FC町田ゼルビア所属 奥山 政幸

名古屋グランパスの下部組織出身。高校卒業後は早稲田大学に進学。
ア式蹴球部に入部後徐々に頭角を現し、2013年には全日本大学選抜の一員に選ばれる。
大学ではCB・SBのポジションだったが、大学選抜では高校3年の1年間のみ経験のあったボランチのポジションを任され、守備に奮闘した。
2015年には韓国光州で行われたの日本代表(全日本大学選抜)に選出、銅メダル獲得メンバーの一人となる。
また、大学でも1部での19年振りの優勝に貢献した。
レノファ山口FCに入団しプロとしてキャリアをスタート。
翌年2017年、実力を評価していたFC町田ゼルビアからのオファーを受け完全移籍。
豊富な運動量と守備的対人の強さは正に必見。
安定感抜群の不動のサイドバックとしてスタメンに名を連ねている。

Jリーグ・FC町田ゼルビア所属 奥山政幸選手

Jリーグ ザスパクサツ群馬所属 渡辺 広大

千葉県出身のプロサッカー選手。
Jリーグ・ザスパクサツ群馬所属。
ポジションはディフェンダー。

所属クラブ
・鷹サッカークラブ
・ウイングスSS習志野
2002年 - 2004年 船橋市立船橋高等学校

市立船橋高校では1年先輩の増嶋竜也とセンターバックのコンビを形成。2年次に出場した天皇杯では自身の得点で梁勇基擁する阪南大学を下している。3年次には増嶋の後を次いでキャプテンを任された。 2005年、ベガルタ仙台に入団。2008年まではリーグ戦年間10試合程度の出場にとどまっていたが、選手会長に就任した2009年はリーグ戦50試合にフル出場し、チームの「守備の要」としてJ2優勝に貢献した(なお欠場した1試合は累積警告によるもの)。チームがJ1に昇格してからは、鎌田次郎(2010年)、曺秉局(2011年)、上本大海(2012年)、石川直樹(2013年)といったセンターバックの相次ぐ補強により出場機会には恵まれなかったものの、彼らの欠場時には遜色のないプレーを見せた。また仙台の選手会長は2014年まで6シーズン務めた。
2014年12月24日、モンテディオ山形への完全移籍が発表された。山形でも1年目より副将と選手会長を任されている。
2016年12月19日、レノファ山口FCへの完全移籍が発表された。山口でも1年目より副キャプテンを務めている。
2019年1月9日、ザスパクサツ群馬への期限付き移籍。
ザスパクサツ群馬ではゲームキャプテンを務め、安定したディフェンスラインを形成。人間性も素晴らしく、多くのJリーガーに慕われる兄貴肌の存在。ユーモアなキャラクターも有り、老若男女ファン・サポーターが多い。
2020年、ザスパクサツ群馬への完全移籍が発表された。J1昇格へ向けて更なる活躍に期待が掛かる。

Official Instagram https://instagram.com/kodaiwatanabe1204

Official Twitter https://twitter.com/kodai_nabe

Jリーグ ザスパクサツ群馬所属 渡辺広大選手

Jリーグ 川崎フロンターレ所属 藤嶋 栄介

大津高時代の2008年、U-16日本代表に選出されAFC U-16選手権2008に出場。
高校卒業後は福岡大学へ進学してサッカー部に所属し、2年時からレギュラーに定着。
大学在学中の2012年8月2日、サガン鳥栖に特別指定選手として登録された。
ベンチ入りできる控えGKがいない非常事態となった鳥栖が、同年2月の沖縄キャンプに参加していた藤嶋に白羽の矢を立てた。
赤星拓の復帰に伴い、8月16日に登録解除された。
2013年3月14日、再び鳥栖に特別指定選手登録。
大学では4年生からサッカー部の主将に就任した。
同年7月、ロシア・カザンで行われた第27回夏季ユニバーシアードにユニバーシアード日本代表として出場し、銅メダルを獲得。
8月10日の横浜F・マリノス戦では、他のゴールキーパー全員が負傷したことにより急遽Jリーグデビューを果たした。
2014年より、サガン鳥栖へ正式に入団した が、正式入団後は前年途中に加入した林彰洋らの後塵を拝し出場機会に恵まれず、2016年にジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍。
さらに翌2017年は松本山雅FCに期限付き移籍したが、両チームでも控えGKの立場でリーグ戦の出場機会は得られず(2017年に天皇杯で1試合出場したのみ)、年が明けた2018年1月14日に松本への期限付き移籍満了と鳥栖との契約満了が発表された。
契約満了後は地元熊本に戻り、ロアッソ熊本の練習施設でトレーニングを続け、熊本でキャンプを行っていたレノファ山口FCの練習に参加、2018年2月2日に山口への加入が発表された。
山口では村上昌謙・山田元気・吉満大介との正守護神争いを制し、プロ6年目にして初めて開幕からスタメンに名を連ねた。
シーズン後半は出番を失ったものの、キャリアハイとなる25試合出場を果たした。
2019年オフ、山口との契約を更新した上で川崎フロンターレへ期限付き移籍を果たした。
活躍の舞台をJ1のビッグクラブへ移し、更なる活躍を期待されたが、シーズン序盤に右膝前十字靭帯損傷のアクシデントに見舞われた。
苦しい時間を過ごしながらも、地道な努力と驚異的な回復力で2019年シーズン終了時には完全復帰を果たし周囲を驚かせた。
プライベートも充実し一児のパパになった藤嶋選手の更なる飛躍に期待が掛かる。

Official Blog https://ameblo.jp/eisuke-fujishima/

Official Instagram https://www.instagram.com/e.fujishima_official/

Official Twitter https://twitter.com/eiskeeeee0131/

Jリーグ 川崎フロンターレ所属 藤嶋 栄介

Jリーグ 藤枝MYFC所属 姫野 宥弥

大分トリニータサッカースクールに入学し、その後大分U-12に入団。中学生時はHOYO AC ELAN大分(現:ヴェルスパ大分)U-15に在籍したが、高校進学時に大分U-18に入団した。1年次よりスタメンとして起用され、2013年のプリンスリーグ九州1部優勝に貢献。
そして2014年には、プリンスリーグ九州1部を連覇し臨んだプレミアリーグ参入戦で大谷室蘭高、米子北高を下し、自身の一番の目標としていたチーム初となるプレミアリーグ昇格に貢献した。
2014年、当時の大分U-18監督であった山崎哲也からは「運動量が多く、チームに欠かせない存在」と評された。
2015年、坂井大将、佐藤昂洋とともにトップチームへ昇格。
同年3月には同期の佐藤とともにJFL・ヴェルスパ大分へ育成型期限付き移籍 しリーグ戦9試合に出場。
6月に移籍期間満了により大分に復帰。
第41節・大宮アルディージャ戦にて、後半33分から交代出場によりリーグ戦初出場を果たした。
2016年は前年の大分のJ3リーグ降格に伴い、同リーグでプレー。前半戦はベンチメンバーが主であったが、第16節・FC琉球戦で当シーズン2度目の先発出場を果たすと、以後1試合を除いた全試合に先発出場。大分の1年でのJ3優勝、J2復帰に貢献した。
2017年は再びJ2でプレー。
同年は鈴木義宜、竹内彬、三平和司と共に副キャプテンを務めた。
開幕戦を含め2試合連続で先発出場したが、その後はベンチメンバーが殆どであった。
同年の天皇杯2回戦・FC町田ゼルビア戦にて公式戦初得点を記録。
2019年、試合出場の機会を求めザスパクサツ群馬に期限付き移籍すると開幕戦からスタメン出場を果たす。
シーズン序盤はチームが波に乗りきれず、徐々にベンチで過ごす時間も長くなったが、終盤には再びスタメンに復帰。
チームは快進撃を果たし、最終節の勝利でJ2昇格を果たした。
豊富な運動量と基本に忠実で献身的なプレーが信条。
2020年は藤枝MYFCに期限付き移籍する事が発表され、再びJ2昇格請負人として活躍が期待される。

Official Instagram https://www.instagram.com/h.ylovesoccer/

Official Twitter https://twitter.com/SocceqpH?lang=ja

Jリーグ 藤枝MYFC所属 姫野 宥弥

吉良知夏 Chinatsu Kira

大分県出身の女子プロサッカー選手。
臼杵市ほっとさん観光大使。
元浦和レッズレディース所属。

経歴
神村学園高等部時代、U-17日本女子代表としてアジア予選を勝ち抜きFIFA U-17女子ワールドカップに出場。グループリーグのフランス戦ではハットトリックを決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦でも先制点を挙げた。
また、同年にはU-19日本女子代表にも飛び級で選出され、AFC U-19女子選手権では4試合で1得点を挙げた。

高校卒業後はなでしこリーグの浦和レッズレディースに入団した。1年目は怪我で出場機会がなかったが、2年目にレギュラーの座を掴むとエースとして活躍。得点ランキング3位タイの9得点を挙げて、リーグの新人賞を受賞した。シーズン後には、なでしこチャレンジ(日本女子代表候補)のメンバーにも選出された。

所属クラブ
市浜レッドソックス
南大分女子
2004年 - 2006年 神村学園中等部
2007年 - 2009年 神村学園高等部
2010年 -2019年 浦和レッドダイヤモンズ・レディース

代表歴
U-17 日本女子代表
2007年 AFC U-16女子選手権 準優勝 (x試合出場)
2008年 FIFA U-17女子ワールドカップ ベスト8 (3試合4得点)
U-19 日本女子代表
2007年 AFC U-19女子選手権 準優勝 (4試合1得点)
日本女子代表
2014年 AFC女子アジアカップ 優勝 (4試合2得点)
2014年 アジア競技大会 準優勝 (6試合3得点)

獲得タイトル
所属チーム
浦和レッズレディース
日本女子サッカーリーグ:1回 (2014年)
個人
なでしこリーグ新人賞(2011年)

2020年1月、10年間所属した浦和Lを退団し、海外挑戦を表明。
その去就に注目が集まっていたが、昨今のコロナの影響を受け、現在は国内待機中…リーグ再開を待ち黙々と自主トレに励んでいる。

Official Instagram https://www.instagram.com/kira_chinatsu

Official Twitter https://twitter.com/lucky_summer_

吉良知夏 Chinatsu Kira

なでしこリーグ アルビレックス新潟レディース所属 加藤 栞

Kato Shiori
【PROFILE】
■生年月日
2000年5月17日(19歳)
■身長/体重
160cm/56kg
■出身地
岐阜県
■ポジション
MF
■経歴
孫六安桜SSS/岐阜女子FCフェニックス→
ISSF.C→
FCオリベ多治見ジュニアユース→常盤木学園高
■戦績
平成30年度 全国高等学校総合体育大会(サッカー競技)優勝
■特徴
状況判断に優れバリエーション豊かなプレーが魅力。
力強いドリブルや正確なアーリークロスは特に必見‼献身的な運動量でチームを活性化させる攻撃的サイドMFである。

将来の新潟、更には「なでしこ」を背負って立つ選手となれますように、WMONは加藤栞選手を全力でサポート致します。皆様、ご声援宜しくお願い致します。

Official Instagram https://www.instagram.com/sorutori0517

Official Twitter https://twitter.com/sorutori0517

加藤 栞選手

フィンランド
IFグニスタン所属 和久井秀俊

高校卒業後、単身ブラジルに渡り、過酷な環境の中でプロ選手の夢を掴む。日本帰国後はアルビレックス新潟にてプレーを経験し、再び海外に渡る。

 ファクトール(スロベニア)では、2部優勝の立役者となり1部に昇格、次年度には降格プレーオフに回るも自身のゴールで残留を決める。その後、オーストリア・­チェコ・ベラルーシを渡り歩き、現在はエストニアプレミアリーグにてプレーをしている。2011年シーズンは、所属するJKノーメ・カリュをリーグ準優勝に導いた。自身も­シーズンにおけるベストイレブン、ベストMFを獲得した。2011年、2012年とUEFAヨーロッパリーグに出場し、ゴールも決める。2012年には、クラブ初のリーグ優勝を決め、UEFAチャンピオンズリーグの切符を手にした。
2017年、IFグニスタン(フィンランド)
2018年、JKタリナ・カレフ(エストニア)
2019年から再びIFグニスタン(フィンランド)でプレー。2020年のシーズンもフィンランドでプレーする事が決定している。

​ 様々な国で日本人初プレーヤーとしてプレーし、現役日本人サッカー選手の中で史上最長の海外キャリアを持つサッカー選手となっている。そのキャリアを活かして、クラブとの契約交渉も自ら行っている。

​ また毎年、日本を含めた世界でチャリティや社会貢献活動に積極的に取り組み、 現在は地元栃木県の観光大使「とちぎ未来大使」、鹿沼市の観光大使「鹿沼ふるさと大使」を務める。

エストニア・マイスターリーグ・ノーメ・カリュFC所属 和久井秀俊選手

小尾晃一郎

医療界から初のマラソンで世界を目指している
スマイルランナー、”おびちゃん”こと、小尾晃一郎選手。

2016年シドニーマラソンでは20代部門3位銅メダルを獲得するなど、様々な大会で好成績を収め、これから更に活躍が期待される有望株。

一医療人として、マラソン選手として
夢に向かって精一杯の努力を惜しまない小尾選手を、
WMONはこれからガッチリサポート致します。
皆様、応援よろしくお願い致します!!

Official Instagram https://www.instagram.com/obichansmile/

小尾晃一郎

高木 豊 タレント

【高木 豊さんPROFILE】
山口県山口市生まれ。元プロ野球選手・解説者。
現役時代は言わずと知れた大洋ホエールズの「スーパーカートリオ」(高木豊・加藤博一・屋鋪要)の一人として一躍有名であった。
大洋ホエールズ〜横浜ベイスターズ~日本ハムファイターズで活躍。
盗塁王1回、ベストナイン3回 ダイヤモンドグラブ賞1回 オールスターゲームMVP1回 、1500本安打達成と言う輝かしい実績を残した。

プロ野球生活引退後は芸能界に進出。ドラマや歌番組・料理番組に出演し、朴訥なキャラクターとして活躍する。
1997年よりフジテレビ解説者となり、野球評論を中心に活動。プロ野球中継ベンチ解説などの傍ら、2004年にはアテネオリンピック日本代表の内野守備・ 走塁コーチを務めた。
2013年横浜DeNAを退団。公式ブログを開設。
2017年からはSTVラジオの解説者にも就任。
2018年にはYOUTUBEにて、高木豊のBASEBALL CHANNELチャンネルを立ち上げ、今現在はチャンネル登録者が4万人を誇る、人気ユーチューバーである。

兄弟3人が全員Jリーガー(長兄・高木俊幸はセレッソ大阪所属、次兄・高木善朗はアルビレックス新潟所属、三男・高木大輔はレノファ山口所属)と言う、高木三兄弟の父親である。
高木豊さんのYOUTUBEチャンネルも、皆様是非要チェックでお願い致しますm(_ _)m

【高木豊チャンネル】 https://www.youtube.com/channel/UCgr5CkgytiVfdnk4C0M42nQ

【復興支援企画】”スーパーカートリオ”T.yutakaTシャツ https://soccershopdiego.shop-pro.jp/?pid=148122686

【復興支援企画】T.yutakaキャップ https://soccershopdiego.shop-pro.jp/?pid=148122774

高木 豊

高松大樹 タレント

高松大樹 TAKAMATSU DAIKI PROFILE
1981年9月8日生まれ
元プロサッカー選手・地方議会議員・YouTuber

現役時代は“ミスタートリニータ”と呼ばれ、大分トリニータのストライカーとして活躍した。アテネオリンピックに出場し、日本代表でもプレーした経歴を持つ。数々の記録に残るゴールを決め、記録より記憶に残る選手としてファン、サポーターに愛された。

■経歴■
1997年 多々良学園高校(山口)入学
インターハイ2回、全国選手権3回出場
2000年 大分トリニータ入団
2004年 アテネオリンピック出場
2007年 日本代表選出
2008年 ヤマザキナビスコカップ
(現ルヴァンカップ)優勝
大会MVP選出
2010年 FC東京 期限付き移籍
2011年 大分トリニータ 復帰
2016年 現役引退
2017年 地方議会議員
過去最多13,653票でトップ初当選を果たす。

スポーツや文化、グルメ、趣味などアンテナを張り、「世界に誇れる街、大分へ」をモットーにユーチューブを発信中。

◎YOU TUBEチャンネル
【高松大樹のMr.channel13】を要チェック!! https://www.youtube.com/channel/UCYJULl4LXwAcCAwwb1ww3cQ

【Mr.チャンネル13の公式SNS】

Twitter https://twitter.com/Channel13Mr

Instagram https://www.instagram.com/mr_channnel13/

facebook https://www.facebook.com/mr.channnel13

高松大樹

マッキー タレント

マッキーこと牧 貴宏さん
2級自動車整備士&自動車検査員として10年間勤務、28歳で趣味のBMXのMCをスタート。
その後レッスンに通いつつ、地域の祭りやクラブイベントの司会やナレーションで腕を磨く。
現在はTVやラジオはもちろん、サーキットのレース実況、
BMXやウェイクボードのスポーツ大会MC、各種イベントや婚礼司会とマルチに活動中。
気さくで多趣味な、近所のお兄ちゃんキャラとして親しまれる。

OFFICIAL HOMEPAGE https://mcmakky.com

タレント マッキー

もりりん MODEL

2014ミスユニバースジャパン熊本ファイナリスト。
Yume townのナビゲーターやBijo de futebol モデル等で活躍。

~もりりんさんからのメッセージ~

皆様こんにちは!wmonさんのユニフォームって本当にオシャレですよね~高性能だし、私もスポーツをする時に大変お世話になっています!

wmonを通じ沢山の方のスポーツライフが豊かになりますようにいつも応援しています。また、撮影したいです!

イベント出演などブッキングやオファーはWMONまでお問い合わせください。

モデル もりりん

恒蔵 MODEL

アジア立命館太平洋大学在学中に、ANTAKEの依頼を受け時間の合間限定でモデル活動をスタート。
笑顔が爽やか過ぎる超~好青年です!!

~恒蔵くんからのメッセージ~

皆様こんにちは!"WMON"さんのユニホームは、お洒落で、肌触りも凄く気持ち良いので、スポーツをする時だけでなく、私服としても活躍してくれる優れものです!

"WMON"ウェアを愛用する人が増えたら僕も嬉しいです!これからも"WMON"のファンです!

モデル 恒蔵

NEODEAD

渋谷FURAにおいてTOKYO RAVEを主宰し、日本国内におけるUplifting Trance及びPsychedelic Trance、そしてAcid Technoの普及に貢献。現在はNEODEAD名義でGalatea、HARDER?!、TOKYO UPLIFTINGなどのイベントでレジデントDJを務める。

こうしたイベントプロデュース業のほか、音楽ライターとしての執筆活動やギタリストとしての楽曲制作など多忙を極める日々。

Galatea Production代表。

OFFICIAL FACEBOOK https://www.facebook.com/djneodead/

ブッキング・出演依頼はNEODEADのFACEBOOKページまで直接お問い合わせください。

NEODEAD DJ

SUPPORT

滋賀県フットサルリーグ1部 LadcaoShiga所属 猪田 暢仁